セフレとは「本命彼女とのセックス」20代の女性に捧げる真実

【コラム】本命彼女とのセックス

セフレとはセックスだけできればいい相手。そんな意味合いで正しいと思うのですが、恋愛経験や結婚歴の有無によって言葉の捉え方が少し異なってきているようです。ここでは20代の若い女性へ向けて私なりの解釈を書いておきたいと思います。

 

 

【簡単な自己紹介】
某所にてエッチなお話ブログを書くサトです。私は既婚者で相当なヨゴレです。10代の頃はモテず、20代では会う女性会う女性がすぐに抱かせてくれるワイルドメンズに生まれ変わり、30代は結婚し子を持ち「愛」というものを知る。そんな愛に囲まれながら、余らせた性欲と承認欲求を発散するため40代から風俗へ。家庭環境へ当たり障りのない出会い系や風俗の女性を抱きまくる。一度抱いた女性との相性が良ければ交渉して気に入っていただけたらセフレにしている。そんな身勝手な男です。そして、その女遊びすらも妻に公認させるほど荒れた人生を送るヨゴレであります。

 

人生で愛した女は唯一人ですが、抱ける女は全て抱く。
そういうスタンスです。

 

10代では女性は高貴で美しいものと考え、20代で「女は便所や」という考えになり、30代で「女は海」と悟り、40代で再び「女は便所や」となる。ただし愛している相手は「海」。女は深く男を愛し、平穏なさざなみの上で船のように男を浮かせ、ここぞというタイミングで男を飲み込む魔性の生き物。そんな考え方の持ち主です。婚姻関係を続けながら他所で女性と遊んだ男というのはたいがい愛する女性の死に際に崩壊するそうです。愛した女性が死ぬ時、男は「死んでも死にきれないほどの深い悲しみと後悔」を背負わされるそうです。そしてその後、一人孤独に一生を終える。そういう覚悟で数々の女性と関係を持っています。今回は現代における大人の男女の関係に「現実を語ってくれ」とのご依頼があり非常にリアリティのある「セフレの探し方」を提供するこちらのサイト様へ寄稿させていただきます。

 

以下参考になれば幸いです。

 

 

セフレ = セックスフレンド

 

言葉のとおり、セックスを目的とした友達、そんな意味合いです。ですから彼氏でもなければ彼女でもない、でも肉体関係を伴う非常に親密な関係です。

 

この親密な関係というところがポイントです。他人から見ればセックスする相手なので親密に見えて当然です。しかし、当の本人たちは「親密?はぁ?セックスするだけの相手なんやけど。。」と周囲の意見に相反する言葉が出てくる。
これセフレです。。

 

30代〜の方はこちらのセフレの探し方(作り方)を見るほうが現実的です。

 

ここでは若い女性たちに向けて優しく書かせていただきます。

 

 

本命彼女だからこそ会うたびにセックスする

気になる男性といい感じの仲になり、カラダの関係を持ってしまいました。
「カレって、本気で私を大事にしてくれるんだろうか?」若い頃はそんな不安がつきものだと思います。セックスしてこそ「より大事に思える」のが彼氏彼女の関係。体の関係まで発展したらお互いにとっていちばん大事な人。そんな相手になるはずです。

 

しかし、たまにしか会えないのに、会うたびにとにかくラブホへ行くだけ。そんな付き合いのカップルも多いはずです。
「私って体だけ目当てにされてるのかな?」体を重ねるごとにそんな不安に悩まされることもあるでしょう。しかし、安心してください。男性もお財布の都合とかあるんで、いい食事して、デートして、ラブホ、なんてふうに行動を重ねるとお金がなくなってしまいます。将来を考えるとお金はあまり使いたくありません。

 

大好きな彼女だけど今は経済力が無いからどうしようもないこともあるんです。

 

2人で会える少ない時間、そんな少ない時間でより深い愛に近づいていきたい。愛とは何か?未婚の若い二人にはまだまだわからない感情です。そんな不透明な2人の関係を力強い結びつきに替えてくれるのがまいどまいどのセックスだったりするんです。

 

男性経験の多い少ないに関係なく、ほとんどの女性はこの会うたびにセックスしかしてないという2人の時間の過ごし方で不安になっているはずです。でも、これ、男からすれば、「他にすること無いからしゃーないやろ」というとてもシンプルかつストレートな言葉で済ませれる本当の愛情表現だったりするんです。

 

以下にネットで見かけるセフレと本命の違いなどに書かれた情報にセックス歴500人超えの風俗マニアであり、20代の頃はモテまくりのセフレ作りまくりである筆者が読み解いていきます。

 

まずはじめに「私ってセフレなの?」という不安。
コレに答えます。
ネットで見かけるセックスの内容で判断するといのは間違いです。

 

本気で好きだから殺意を抱くその感情が愛

男性がいろんな女性とセックスしたい、そんな性欲を持つのは本能です。好きな相手がいてもメスを見ると妄想してしまう生き物です。経済的余裕があれば行動も伴います。それが人間のオスです。

 

真面目にお付き合いしている2人ほど、こういう不安に陥るものです。先に挙げたような不安、会うたびにセックスするだけ。そう思ってるのは女性だけです。男性も限られた時間でより深い2人の関係を継続させ、未来へ繋げたいと考えています。だから会うたびにセックスします。大事に思ってくれてる男性ほどこうなる傾向があります。

 

彼女の過去の男よりもオレがいちばん彼女を理解していたい。そんな真面目な願望を持つ男ほどトータルのセックス回数にこだわったりします。彼女の過去にいた彼氏が2年付き合っていたという情報を耳に入れたら、1年で100回セックスしたとして、前の彼氏とは200回セックスしてる可能性がある。オレははやくその200回を超えないと、彼女にとっての一番になれてないんだ。真面目な男ほどこんなしょーもないこだわりを持ったりします。20代前半の私がそうでした。

 

女性から観ればアホな生き物なんです男って。。

 

若い男女の恋愛ですから、お互いに将来にも不安だらけです。仮に彼女のはじめての男が自分だったとしても、万が一別れた後に別の男ができてもそいつにセックス回数で負けたくない。こう思ったりするものです。これが男の本能なんです。言葉には出ないけど無意識でそうなってる男性もいます。

 

動物社会でオスが手に入れたメスと自分の関係、これに割って入ろうとする別のオスを殺す。そんなシーンを見たことがあると思います。人間もこれと同じ。大事な異性ほど性行為を自分だけのものにしたい、大事な異性ほど自分が一番でありたい。そう思うものです。そしてこれは男だけでなく女も同じ。

 

だからこそ、セックスした相手、肉体関係をもって彼氏彼女になった男女はどちらかが別の異性に気が向いたり興味を持つと嫉妬する。これ、生き物の本能です。自分以外の異性と肉体関係に発展したら、、世の中の殺人事件の9割は愛かお金のもつれ話です。愛を知るにはまだ早すぎる2人ですが、浮気された悲しみや、二人の未来へ不安を感じてしまうのは当然のことです。それも本能なのです。浮気された時の「殺意」や「深い悲しみ」本気で好きだからこそ起こる感情です。そしてその衝動は将来知ることになる「愛」の卵だったりするんです。浮気程度で別れるとその先いい人見つからない。多くの大人が経験していることです。

 

本題、

セックスの内容でセフレかも?なんて思わないこと

 

若い二人でセックスの内容など気にする必要はありません。
相手が彼女であろうと、風俗嬢であろうと、男性のプレイ内容というのはほぼ変わりません。ネットで見かける「クンニしないのはセフレ」で「本命にはクンニする」とか「賢者タイムがどうのこうの」とか、、あんなのクソなデマですから心配不要です。男は本命であれ風俗嬢であれ、セックス終わったら早く帰って一人になりたいんです。全ての男がそうです。クンニするかしないか?は男性の趣向の問題で、男がクンニ好きなのにさせない女、男がクンニをしたがらないのにクンニされたがる女性、こういうカップルはセックスの相性悪いので別れればいいだけです。セックスの相性は大事なので趣向が違うなら別れるほうがいい場合は多いです。結婚し、子を持ち愛を知る。それくらい大人になればわかることですが「セックスの相性」は本当に大事なことです。

 

では、セックスの内容についてさらに続けます。

 

大事にしてる彼女にクンニしたり、エロすぎる感じ方をさせたくない、AVで見るような姿にしたくないという男性も非常に多いんです。なので、本命の彼女に対しては淡白なセックスになりがちなんです。嫁や彼女に激しいクンニや手マンをしにくいから風俗で練習したりするんです。世の中の男性の99%はそういうもんだと思ってください。

 

 

つまり、何がいいたいかというと、
はじめてのセックスでこの逆のことをされたり求められたりするとセフレである可能性が高いということ。

 

  • バキュームフェラさせられた
  • もっとフェラして〜と懇願された
  • やたらと前戯が長い
  • 手マンが激しい
  • ええか〜ええか〜と言ってイカされまくった
  • バックや女性上位など体位の変化が多い

 

まあこんなもんです。
AVで見るようなことを彼女にさせる男は少ないです。やたらと前戯が長いのは「イカせる気マンマン」だからです。大好き彼女に交際初期では「エロすぎるセックス」はなかなかしないものです。つまり最初っからセックスで前戯長い男は彼女がAV女優みたいに激しくイキまくる姿を見て興奮したい。征服欲を満たしたい。そう思っている相手に取る行動です。こんなふうに無駄に感じさせようとする男はあなたのことをセフレ候補として見ています。

 

逆に、本命だけど征服欲による長めの愛撫もあります。やっとの思いで口説いた憧れの女性。やっと手に入れた女にはこれでもか!とソフトタッチで感じさせて濡れ濡れでイカせまくる。私は常々そういうパターンが多いですが、大事な彼女や奥さんになるような人にはそんなエロ過ぎるセックスはしにくいものです。とはいえ、「オレ自身」を彼女の記憶の奥底に残したい、そんな独占欲から生まれる願望が「セフレではない本気の女性」に対しても最初からレロレロなセックスをすることも多いものです。
セックス内容だけではセフレ候補か?本命か?なんて考えるだけ無駄です。

 

わかるわけない。

 

遊んでるとは思われたくない
「こいつ、遊んでるな」と本命の女性に思われたくないのは男性も同じ。遊び相手のセフレにどう思われようと構いません。お互いセックスできればそれでいいので。しかし、本当に大事な相手には自分を悪く見られたくないもんなんです。だから、本当はセックスめちゃくちゃ上手いのに、淡白で味気ないエッチになりがち。多くの場合、それが本命の彼女とのセックスです。

 

平均すると、こういう男性(淡白セックス)が半分だと思ってくれて間違いないです。お金持ちで女にモテることに慣れてる男性や、全くモテないからセックスで虜にしてやろうなんて考える凌辱願望の男性はこの逆のパターンであることが多いです。女性を陵辱するのは金持ちの男やモテ男よりも非モテで征服欲が強い男です。真面目な恋愛をしたくて体を許したのに最初からセフレ扱いされやすいのはこういう男性像が多いように感じます。そして、世の中の半分はこういう属性だと思っておいていいでしょう。

 

最初のセックスが淡白になる男 半分 → 本気率高い傾向
最初のセックスから感じさせまくり男 半分 → セフレ候補にある傾向

 

20代のうちは相手の属性なんて判断できないはずです。
なので、セックスしたからより彼氏のことを好きになるのはわかりますが、それだけに依存した考え方をするときっと疲れちゃいます。なので、もう少しフランクに男性を見てあげてください。仮に将来結婚してもすべての男は将来浮気するか風俗へ行くことになります。100%です。

 

セックスは相性良いかどうか?
だけを重視して交際すれば大事な異性と長く付き合えるものなんです。
これホントです。

 

若い頃は恋愛にドラマや映画、マンガのような夢を抱くものですが、それはそれで素敵なことです。しかし結婚し、生活が続くといちばん大事なのはお金だけになるものなんです。経済下降する現代の日本では「お金=愛」という無意識の認識を持つ女性が多く、それが現実なのです。ではお金以外に男女が長く続く要因は他になるがあるのか?と言われればセックスの相性くらいしか残らないのです。

 

現実社会では「浮気で離婚」とかする人が多いのはご存知だと思いますが、その理由の奥底を覗いてみると全てコレに起因しています。経済力とセックスの相性です。

 

セックスの相性とは「会話などのフィーリング」「好みの体臭」「外観上の好み」が重なり生まれる好意や安心感などです。これらが合わせ重なることでセックスの相性となります。セックスにおける感度やマン汁の出方も心理的なものなんです。

 

 

既婚者のセフレはちょっと違う

 

既婚者になるとまた違います。婚歴のある女性、既婚の男性、それぞれ特定のパートナーがいる男女。そんな男と女がセックスを通してお互い「何か」を満たしたい。そう考えるのが大人の男女です。女性は経済力を求め、経済力のある男性はただただ癒やしを求め出会いを探す。

 

20代の女性には30代後半や40代での男女の関係は全く理解できないと思いますが、今どんなに好きでも、お互いに求めあっていても、いずれ男はお金払って女を抱きに行きます。そういう生き物なのです。

 

今のセックス内容で自分はセフレなのかな?なんて悩むよりも、結婚して将来旦那さんが「そういう生き物なんだ」と知ってしまう自分をもっと成長させれるよう意識を高めておきたいところです。

 

浮気や些細なことで離婚したら、あなた自身が出会い系サイトなんかで援助を求める立場になるわけですから。せっかく好きになった男性と一緒にいるなら、許してあげればいい。出会い系サイトを観ればわかりますが、大人になった多くの女性が本当に頼れる男性を探している現実があります。

 

大事なのはセックスの相性とお金だけです。無償の愛などというものはそれらが揃ってこそ成り立つものです。ですから「私はセフレなの?」なんて悩んだりするよりも、セックスの相性が違えば早々に別れるべきです。どのみち将来わかれるわけですから。

 

このような「澱んだ大人の世界」はさまざまな立場で男女の関係を数多く経験しないと理解は出来ないと思いますが、現代社会において「男と女はお金とセックス」でのみつながっているんです。

 

大人になればわかります。
これが真実です。

 

すでに大人になっている男女はネットで気軽に知り合って互いの欲求を満たしあっています。それが大人の男女におけるごく普通の日常なんです。今すぐ会える大人の男女が集うのは安心して使える大手サイトの掲示板です。

 

今スグに会いたい人が集まる掲示板

若い子が好きならココ

30代40代が出会いやすいサイト

スマホ画面も見やすく好みの相手を探しやすい

割り切った20代が多いサイト

いろんな女の子がいる割り切った女性が目立つ

他サイトでは見かけない子が多い

他にはいない子がいる20代が多い都市部向け